バリ島2014春体験談

home > 孤児院+自己啓発 > バリ島体験談 > バリ島2014春体験談

2014年春

2014春思い出映像


加世田さん(トライデントスポーツ医療看護専門学校)
加世田さん(トライデントスポーツ医療看護専門学校)
僕がバリ島ボランティアを選んだ理由は大きく3つあります。 まず、初めての海外で世界観を広げるためです。 次に、「兄貴」こと丸尾さんのお話を聞くことで、経営者・リーダーを学ぶためです。最後に、友人がバリ島に行ったことで大きく成長したことに衝撃を受けたからです。 実際にバリ島に行って兄貴と直接話すことができ、人として大事なものを教えてもらうことができました。現地で学んだことをいかに活かしていくか、ワクワクしています。この最高の9日間で掴んだ“きっかけ”をたくさんの人に知ってもらってみなさんと共有していきたいです!。

綾木さん (名古屋外国語大学)
綾木さん (名古屋外国語大学)
このツアーに参加したきっかけは、何か人の役に立ちたいという咄嗟の思いでした。その時はまさかこの9日間が一生の宝物になるなんて想像もしていませんでした。ボランティアは、話を聞いただけでは伝わらないことを、肌で実感できるものです。つまり、参加した人にしか、その大変さ、充実感や達成感といったものを味わうことはできません。だからこそ、やりがいがあるし、心に残るものも大きいのだと思い知ることができました。『旅は学びの原点』私たちの学びは今、ここからがスタートです。

加藤さん (名古屋女子大学)
加藤さん (名古屋女子大学)
私は、一年前の夏休みにフィリピンボランティアに参加しました。 そこで得たものもありましたが、他の国のことも知りたい、もっと挑戦したいと思い、バリボランティア参加を決めました。このツアーに参加しなかったらお会いすることはなかっただろうアニキとの出会いも、大変貴重な経験でした。 ボランティアは、人を助け、その国の現状を知ること以外に、自分もその活動を通して何か得ることができる、自分のためでもあると思います。 このツアーで得たものを、絶対無駄にしないためにも、帰国してからも色々な人と出会い、この体験を周りに伝えていきたいです。このツアーに参加して本当によかったです!