バリ島2015夏体験談

2015年夏

2015夏思い出映像


田辺さん(名古屋外国語大学)
田辺さん(名古屋外国語大学)
まず、このボランティアに参加して本当に良かったです。参加したからこそ、出逢えた人がたくさんいます。孤児院の子供たちとの交流も言葉が通じないはずなのに、とても仲良くなることができました。また、私は人前で自分について話すことが苦手でした。しかし、この旅では自分のことを話す機会があり、アニキや先輩たちにも自分の考えを勇気を出して伝えることができて、新しい気付きがたくさんあり、さらに自分を肯定できるようになりました。人との繋がりが本当に大事だと実感したので、もっと交友的になりつつ、周りの人を大事にしようと思います。旅で学んだ「人が喜ぶ事を考えて行動する」ことを心がけます!

平松さん(椙山女学園大学)
平松さん(椙山女学園大学)
まず一言で言うと、今までで一番、学びの多い旅でした。今回のメンバーは、本当に、一人一人尊敬できるところを持っていて、刺激を与えてくれて、もっと吸収したいなと思う日々でした。孤児院の子供たちからは、素直に正直に元気で笑顔でパワフルに生きることの大切さを学びました。アニキからは、「人を大切にすることを。人のために生きること。」が人生でいかに大切なことかを学びました。これから人を大切にして、一人でも多くの人を幸せにしたいと思いました。

稲坂さん(名古屋大学)
稲坂さん(名古屋大学)
積極的に動ける人間になりたいから、そのためにすべてのことに全力で取り組みました。孤児院の子供たちは本当に元気いっぱいで、言葉が通じなくてもたくさん話しかけてくれたし、最終日には泣いちゃう子もいて、本当に心が純粋なんだと思いました。アニキには、たくさんお話を聞いてもらいました。返す言葉ひとつひとつに重みがあって、たくさんの経験をすることの大切さを感じました。今後はたくさんの人と知り合って、仲良くなって、楽しいことをたくさん共有したいです。あと、自分のことばかり考えずに相手に喜んでもらえることを第一に考えて、みんなに笑顔になってもらいたい!!