フィリピン2014春体験談

2014年春

2014春思い出映像


牧原さん(愛知淑徳大学)
牧原さん(愛知淑徳大学)
このツアーで現地の子供たちと仲良くなれました。子供たちと接しているうちに、子供のことが大好きになるので、その子供たちに何かしたい!行動しなければ!っと自然に思えてきました。ですので、参加前は、子供たちの心の中に今回の思い出、楽しい出来ことが記憶に残っててくれたらいいなって思ってたけど、今はもっとたくさんの人にこのことを伝えて、できることを探していきたいって思ってます!子供たちと遊ぶのが好きだなーと自分のことがわかったので、また海外で子供たちと遊びたいなーっと思いました!まずはJSTやアイセックなどいろんなサイトやお話を聞いて自分がまた行きたいところを探したいと思いました!あと、日本でも子供と遊ぶ機会があれば遊びたいと思いました!また、大学生との交流は英語を勉強したくなるきっかけになりました!もともと英語はあまり好きではなかったのですが、交流してFacebookでもしゃべれるようになって、もっと気持ちを伝えたいって思ったので、英語の勉強に前向きに取り組みたいと思えました!

大石さん(名古屋市立大学)
大石さん(名古屋市立大学)
ホントに毎日時間を忘れて楽しみました。 あんな感覚は久しぶりで、普段の大学生活も楽しいけど、このツアーは気づきや学びが多く、自分の成長につながる気づきや学びも与えてくれる最高のツアーでした。 僕はフィリピンで2つの大きな学びを得ました。 1つは海外を体感できたこと。 日本とは全く違う生活が存在して、そこで生活している人が実際にいること。 2つ目の学びは言葉って大事ってこと。 世界では英語が標準語なんだって改めて感じました。 子供にしても大学生にしても僕は、質問されたらほんとにありきたりな返答しかできませんでした。 フィリピンの子たちは冗談言いながら楽しそうに話してるのに、それに入っていけない。 このときは悔しかったです。 自分がもっと英語を喋れれば話に参加できるのにと何度も思いました。 だからこそ英語を話したいって今強く思えるようになりました!

土屋さん(名古屋短期大学)
土屋さん(名古屋短期大学)
英語の必要性と、それとは逆に英語だけではないコミュニケーションの取り方を知ることができました。また、一緒に参加した仲間や現地で出会ったフィリピン人の友達と初対面とは思えないほど仲良くなりました。参加前と後では心境にも変化がありました。正直、ツアー参加前は一緒に参加するメンバーと仲良く楽しめるか不安でしたが、徐々にですが仲良くなりました!また、フィリピンに対して少しマイナスのイメージを抱いていましたが、人が明るく、ご飯が美味しく、すごく良いイメージに変わりました。英語があまり話せなくても相手の表情から感じ取ったり、ジェスチャーなどを使って体を使った表現方法を学びました。今後は、英語をもっと勉強して日本やフィリピン以外の国も見てみたい!