フィリピン2015春体験談

home > 食糧支援+英語交流  > フィリピン体験談 > フィリピン2015春体験談

2015年春

2015春思い出映像


【動画配信】
■お弁当の調理から配布まで!
■ラフティング

河合さん (名古屋大学)
河合さん (名古屋大学)
実際に行ってみて、たくさんの大切なものを得ることができました。今回の大きなテーマとして、日本のお祭りだったので、よさこいの中から総踊りをやりました。出発前はフィリピンの人がこんなに明るく優しいということを想像すらしていませんでした。イメージだけでその中にいる人々の性格まで決めてしまっているかも。そう思うと、日本のことをたくさん学んで、海外でも恥ずかしくないようになって、さらに世界でたくさんの人と出会って、世界から日本も見たいと思います。

■オリジナル体験談全文公開中■

村越さん (金城学院大学)
村越さん (金城学院大学)
今回、沢山のことを自分の目で確かめることができました。このツアーで得たことは沢山ありますが、1番は「人との縁」です。フィリピンで出会った子供たちや学生、スタッフの方々などを始め、一緒に参加した仲間たちが本当に大事な存在となりました。毎日遅くまで話し合い、考えを共有しあって、今ではライバルであり、一生の仲間です。自分を変えるチャンスは、考えてるだけでは訪れません。思い切って一歩踏み出せば、その瞬間から変わってきます。そのきっかけとして、このツアーに参加することを私はお勧めしたいです

■オリジナル体験談全文公開中■

野口さん (愛知学院大学)
野口さん (愛知学院大学)
僕の想像に反してスラム街の子供たちは「元気」で「純粋」で誰よりも「笑顔」が似合う子供たちでした。大学生の交流では生の英語に触れ、意思疎通が上手くいかず悩みましたが、お互いに相手の事を知ろうとすることで、最終的には互いに冗談を言い合う仲になりました。まだまだ「幸せって何だろう」「どうすれば、少しでも貧困を無くせるだろう」など様々なことをみんなで考える機会になりました。フィリピンで学んだ事、できた仲間は大きな財産になりました。この体験は留学で学ぶより大切な事を得ることができると思います。

■オリジナル体験談全文公開中■

赤木さん (愛知大学)
赤木さん (愛知大学)
現地の大学生との交流の初日には自信を持っていたはずの英語が殆ど通じませんでした。しかし、交流を重ねていくと相手の言うことをちゃんと聞こうとしているか、自分の言いたいことをちゃんと伝えようとしているかという姿勢の方が英語のスキルより大切だと言うことがわかりました。今から考えてみるとこの姿勢の大切さは何も外国人と会話する時だけでなく日本人同士にも共通していることだと思います。これからもこの姿勢を大切に、フィリピンでの体験を大切に生きていきたいと思います!

■オリジナル体験談全文公開中■

日比野さん (愛知大学)
日比野さん (愛知大学)
百聞は一見に如かずとはこの事だと思いました。現地の子どもたちや大学生と交流する時間が多くあり、日本語が通じない相手とコミュニケーションをとる貴重な機会となりました。自分は英語が得意ではないため、何も話せずに終わってしまうのではないかと不安でしたが、現地の大学生は真剣に向き合って話を聞いてくれて、子どもたちとはお互いに違う言語を使っているのに仲良くなる事ができました。上手く英語が話せなくてもお互いの意思を伝えようとする気持ちがあればコミュニケーションが取れることを体験できました。

■オリジナル体験談全文公開中■

岡田さん (愛知淑徳大学)
岡田さん (愛知淑徳大学)
その日、自分が体験し感じたことを話し合い、メンバーの意見を聞くことにより新たな刺激を受けました。そして、また自分なりに考える日々でした。今日考えたことが次の日にはこうなんじゃないかと考えが変わり、また次の日にはこうなんじゃないかと変わっていきました。こんなにも1日1日、考え方が変わっていくという経験は初めてでした。フィリピンはご飯もおいしく、温かい人たちばかりです。フィリピンから帰ってきたら、フィリピンの良さを周りの人に伝えたくなると思います。そして、また訪れたくなります。

■オリジナル体験談全文公開中■

久保さん (南山大学)
久保さん (南山大学)
多くのことを学んで、フィリピン人の温かさに触れて、本当 に毎日が充実していました。フィリピンに来て1番思ったことは、なんといっても人の優しさです。私がフィリピンで関わった人たちみんなが本当 に優しくて、思いやりを持った人たちでした。こんなに素敵な人たちと関わることができて本当に幸せです。また、このボランティアに一 緒に参加したメンバーも本当に最高な人たちばっかで、このメンバーだったからこそこんなにも楽しく充実した毎日が送れたのだと思います!

■オリジナル体験談全文公開中■

桑原さん (愛知淑徳大学)
桑原さん (愛知淑徳大学)
バセコでは現地の子供たちと遊んで、その明るさと笑顔に私自身が励まされると同時に、それぞれが思う「幸せ」について考えさせられました。大学生との交流では、伝えることの大切さを学びました。交流最終日にメンバーの後押しを受け、みんなの前で英語でスピーチをすることになりました。そこで初めてペアの子に心から感謝の気持ちを伝えることができました。毎晩その日の出来事を話し合い、泣いたり笑ったり。バラバラな性格の12人が、気づいたら大切な大切な仲間になっていて、そこが私の居場所になっていました。

■オリジナル体験談全文公開中■

青山さん (名古屋市立大学)
青山さん (名古屋市立大学)
たくさん楽しんで、たくさん悩んで、充実し続けた8日間の旅でした。本当にあっという間の、濃い日々でした。このツアーを通して知ったことは たくさんありますが、「世界で本当に起こっていること」を体感した気がします。ボランティアを通して、私たちができたことはとても些細なことで、目の前の子供たちを笑顔にすることでした。このボランティアをきっかけとすることが私たちができる最大のボランティアであると思っています。この経験をきっかけとして、これから もなりたい自分に向かって頑張っていきます!

■オリジナル体験談全文公開中■

山田さん (名古屋外国語大学)
山田さん (名古屋外国語大学)
学校に行けない子供達、ご飯が好きなように食べれない子供達。なぜ毎日笑顔でいられるのだろう、彼らの幸とは何なのか、私にとっての幸せは何なのか考えさせられました。フィリピンの大学生たちは私のたどたどしい英語も真剣に聞いてくれ、わからない単語は違う言い方に変えてくれたり、本当に優しい人ばかりでした。大学生の交流、子供達との交流の最終日には日本の祭の一つである「よさこい」を一緒に踊りました。この時、言葉が通じなくても踊りを通して一つになれたことに私は感動しました。

■オリジナル体験談全文公開中■

伊藤さん(南山大学)
伊藤さん(南山大学)
僕は実際に行ってみて想像と現実のギャップに衝撃を受けた。人々は笑顔で生きることを楽しんでいるように見える。子供たちの無邪気な笑顔にさまざまな感情を抱いた。「幸せって何だろ?」自分中で世界 が大きく広がった。フィリピンの大学生との交流からも影響を受けた。伝えたいことはあっても思うよ うに口から言葉が出なくてもどかしい思いもした。けど、本気で伝えようと目を見て向き合えばカタコトの英語でも通じ合えた。とにかく言える のはこのツアーに参加して最高によかった!!ってこと。迷ったならぜひ思い切って飛び込んでみてほしい。

■オリジナル体験談全文公開中■

梅村さん (名古屋外国語大学)
梅村さん (名古屋外国語大学)
この8日間は、私の人生の中で一番濃い時間であったと自信を持って言えます!子どもたちの明るくはじけるような笑顔に私自身とても元気づけられました。そして、たった4日間しか会っていないのに驚くほど仲良くなり、言葉が交わせないのに全力で一緒に遊んで、一緒にダンスをして、心を通わすってこういうことだと心から実感しました。大学生との交流は、とにかく楽しかった!拙い英語でしたが理解しようとしてくれて、たくさん話しました。本当に朝から晩まで学ぶことだらけで、このツアーを通して今自分のやりたいことが少し明確になった気がします。

■オリジナル体験談全文公開中■