フィリピン2016夏体験談

home > 食糧支援+英語交流 > フィリピン体験談 > フィリピン2016夏体験談

2016年夏

2016夏思い出映像


清水さん(愛知大学)
清水さん(愛知大学)
「ボランティア」というと人助けのように捉えがちですが、一番は自分の成長になることを実感しました。一生付き合える仲間ができたこと、行動を起こすことの大切さを本当の意味で知ったこと、多くのことを8日間で学びました!残りの大学生活でもっと色んな国に行って自分の視野を広げたいと思っています!

石黒さん(愛知淑徳大学)
石黒さん(愛知淑徳大学)
バセコの子供たちが一生懸命歌ったり、おいしそうにご飯を食べたり、少しの時間ではあったけれど寄添って子どもたちの成長を感じ、とても感動しました。言葉ではなくても気持ちで、体で心は伝わるんだと学びました。帰国後もメンバーやバディたちとも連絡を取り合っています。本当に最高の8日間でした!

井上さん(椙山女学園大学)
井上さん(椙山女学園大学)
すべての時間が価値あるもので、全力で頑張ってよかったと達成感があります。申込む前に悩んでいた自分に、大切なのは「言葉が伝わるかどうかじゃない」と教えてあげたいくらいです(笑)たくさん笑って、泣いて、楽しかったこと、悲しいことも含め、こんなにわくわく生き生きしたことは久しぶりでした!本当によかった、感謝でいっぱいです!

稲垣さん(愛知大学)
稲垣さん(愛知大学)
たった8日間一緒に過ごしただけなのに、最後は泣けるくらい仲良くなって、これからも付き合っていきたいと思える仲間と出会えるのがこのツアーの醍醐味だと思います。年齢、国、言語、文化は関係なく、バセコの子供たちも現地の大学生もみんな仲良くなれるんだと感じました。実際に体験して学んだこと・得たことは多すぎて書ききれないほどです。帰国した今でもフィリピンの写真を見返してまた必ず行きたい!と思っています。

樋口さん(愛知淑徳大学)
樋口さん(愛知淑徳大学)
初めての海外、初めてのボランティアで学んだことはたくさんありますが、一番強く思ったのは今まで約20年間、狭い世界で過ごしていたのだなということでした。1日1日懸命に生きているバセコの子達と同じ世界で、暇があれば形態をずっと触っている私たちがいることを感じ、もっと今の環境に感謝して、様々なことに挑戦をしたいと思っています。どんなことでもいいからやったことないこと、見たことないことに触れてみたいと思います。

佐々木さん(瀬戸旭看護専門学校)
佐々木さん(瀬戸旭看護専門学校)
今回のツアーで一番心に残っている点は、現地の大学生との交流や、バセコの子供たちとの交流をし、最終日に心から相手のことを思う気持ちが芽生えた時です。交流はたった4日間でしたが、別れの時、人を恋しく思ったり、愛おしいとう気持ちが私の中にありました。この気持ちはこのツアーだからこそ気づけたものだと思います。人との出会いは本当に貴重だと肌で感じ、これからも大切にしていこうと強く思いました。

山本さん(愛知大学)
山本さん(愛知大学)
今までの海外旅行で、ここまで長く現地の人と話して、友だちができたこともなかったのですが、今回初めて海外の友達ができました!帰国した今でもFBやLINEで連絡を取っていて、一緒に行ったメンバーを含め、一生続く仲間だと確信しています。スラム街では当初のイメージと違い、明るい雰囲気で、現地の大学生は一見陽気にふざけている様で将来のことをしっかりと考えて熱心に勉強していました。自分もバディに負けないよう、しっかりと将来を見据えて残りの大学生活を過ごしていきたいと思いました!

河合さん(名古屋外国語大学)
河合さん(名古屋外国語大学)
笑顔は世界共通で分かり合えることを学び、自分のちょっとした行動力で相手に影響を与えることができるんだと肌で感じました。子どもたちと大学生との交流は4日間で正直短いと思ったが、最後は涙なしでは別れられないほどの強い絆を結ぶことができました。このツアーで過ごしたすべての時間が愛おしい一番の思い出です!

杉原さん(修文大学)
杉原さん(修文大学)
とにかく子供たちの笑顔が輝いていて、スラム街の「暗い」というイメージを持っていた自分が恥ずかしく思いました。また、毎日必死に生きている子供たちを見て、もっと自分自身勉強を頑張らないといけないなと思っています。今回の出会いに感謝し、これからにぜひ活かすべき課題が多く発見できたので、残りの大学生活を充実したものにしていきます!そしてまた成長した姿をみせにフィリピンに戻ってきます!