現地訪問先【タイ山岳民族】

home > 子どもと交流+現地密着+大自然+ホームステイ > 現地訪問先【タイ山岳民族】

NGO ミラー財団

現地受入先機関である、ミラー財団は、タイ北部チェンライ県メエヤオ地区に住む山岳民族の生活の向上と文化、 伝統の継承をサポートする、タイ現地NGO(非営利・非政府組織)です。 タイ国内に4つの支部を持ち、山岳民族が抱える貧困、文化・伝統の侵食、村の過疎化、タイの学校における教育不足など、多くの問題を村々が連帯し協力し合えるよう、サポート活動を行っています。 信頼のおける日本人スタッフをはじめ、長期ボランティアも多数常勤しており、アクティブな活動をしています。 皆さまの滞在中に何か困ったこと、ボランティア活動時の心配ごとなど、色々な面で、皆さんの御世話をしてくれる頼れる現地受入機関です。

ミラー財団イメージ
JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄
山岳民族

山岳民族は独自の文化・伝統を継承しながら、長い間、山岳地帯で焼畑農業による自給自足の生活を営んできました。 しかしながら、現在彼らの生活は急変しているのが現状です。 ここ30年の間に彼らの生活の基盤であった山々が、タイ国森林保護地区や国立公園に指定されてしまい、今まで住んでいた山から街の方に下ろされ、彼らは伝統的な自給自足農業の生活様式を捨て、タイ社会の中での低賃金労働をせざるを得なくなっています。 こうして、町での労働を余儀なくされた山地民ですが、タイの国籍がないことやタイ語、現代タイ社会の知識が十分でないことで、仕事を得ることも簡単ではないのです。 強制的に移住させられた村の立地条件や農地の制限により今までの生活ができなくなり伝統文化が衰退してきています。

山岳民族の村
JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄

山岳民族の方々(ホストファミリー)
JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄