鈴木さん (日本福祉大学)

僕がタイボランティアツアーに参加した理由は、長期休みを利用して海外に行くことを前々から考えていて、どうせ行くなら観光で行くよりも自分では絶対に行かないような奥地で一体感を持って活動をした方が絶対に楽しいと思ったからです。参加前は特に不安はなく、どうせ行くなら全力で楽しんでやるっていう意気込みでした。あ、でも虫とパクチーは恐れてました(笑)事前学習でアカ族のことを学び、戦争や経済成長、一部の人間の私利私欲のための被害を受け、本来の自然と共存していたライフスタイルが崩れていっている現状を知り、憤りを覚えました。そういったことも踏まえながらいざ村に入ってみると、自然が豊かなところで気付けば子供たちがワラワラと僕たちの周りに集まり、大人たちは素敵な笑顔で迎えてくれて、一瞬で良い所だなと感じました。

JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄

初めは僕たちを少し警戒していた子供たちも、いざ遊びになると無邪気に走り回り、いろんな言葉を教えてくれ(覚えてないけど)村を案内してくれました。言葉の壁は少し不安だったけど、そんなもん関係ねぇな!って一瞬で思わせてくれました。ホームステイは村長の家に決まり、いざお邪魔してみると…あれ、想像と違った。テレビでけぇ。それはさて置き、村で初めてのご飯となり、いざ料理を目の前にすると、明らかに辛そうなことを除き、意外と美味しそうでした。実はもっとゲテゲテしたものが出てくると思ってました。そして一口食べてみると…むせました。やっぱり辛かった!でも美味しい!お米が止まりません。村長とお母さんと一緒にご飯を食べましたが、大人の人と関わるには言葉の壁は大きいと思いました。むむ、ちょっと気まずい…。

JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄

ご飯を食べ終わり、シャワーというか水浴びをしました。これは自分との闘いですね、はい。最初の一浴びは度胸と勇気が必要です。僕はいつも心が折れてました笑この夜は一緒に泊まったりょーすけとくだらない話を夜遅くまでしていました。寝不足覚悟です。はい、次の日は案の定寝不足でした。この日から道路作りに入っていくわけですが、朝から先が思いやられます。目覚めて30秒程で口に運んだ朝飯もやっぱり辛くて、ちょっと泣きそうでした。道路作りは想像以上の肉体労働で、もうヘトヘトでした。絶対次の日筋肉痛だー!って思って寝たら案の定身体はバキバキでした。でも活動の後にみんなでショップに言って飲むビールは本当に感動ものでした!

でも活動は日を重ねていくごとにどんどんスムーズになっていき、身体も動くようになって余裕が出てきました。そのため村の人たちと関わる機会が増え、面白おかしく作業をすることができました。この頃になると村の子どもたちもだんだん僕たちに慣れてきて、あんなにキャッキャと可愛く遊んでた子たちがいつの間にか殴る蹴るの暴行をくわえてくる悪魔へと変わってました。でもまぁ可愛いから許す。村の若者たちとも仲良くなり、バイクで連れ回されサッカーをしたり宴会に招かれたりとすごく楽しかったです。

JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄

しかし僕とりょーすけには少し不安がありました。それはお別れの時に感動の涙は流れるのか…ということです。ホームステイ先ではこんにちわ、ありがとう、美味しいの3単語くらいしか使ってなかったので、これはやばいと思い2人で考えた結果、「とにかく飯を食いまくるしかない!」という訳のわからない結論に至り、その日はご飯を4杯食べました。もう辛いものもパクチーもへっちゃらです。そんなこんなであっという間に時間は過ぎて、お別れパーティーの日になりました。この日は豚を殺しました。怖かったけどお腹が空いていたので美味しくいただきました。夜は火を囲んでみんなで踊り、楽しさと寂しさが入り混じりながら笑いました。次の日にはお別れです。

JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄

そして夜が明けて朝になると…あれ、村の子どもたちいないじゃん!学校行ってんじゃん!村人もほとんど仕事行っちゃってるじゃん!てな感じで僕とりょーすけの想像をはるかに上回り、呆気にとられているうちにもう車で山を下ってました。思った以上のアッサリには驚きましたが、まぁまた来ればいっかって笑いました。このツアーを通して世界情勢とその被害、環境問題(ちょっと真面目なこと言ってみる)、人の温かみ、コミュニケーションの大切さ、手間の大切さなど、溢れんばかりのことを感じ、学びました。日本に帰ってきて、どこか自分の価値観と違った暮らしに戻り、この価値観は大切にしていこうと思いました。最後に、このメンバーでタイボランティアに参加できて本当に良かったです。それぞれくだらない話をしたり、ちょっと真剣な話をしたり、本当に濃い時間を送れました。また日本でも遊んで下さい!以上!