タイ真珠島体験談

2016年春

【思い出動画・現地の様子を動画で観る】

中村さん(愛知大学)
中村さん(愛知大学)
島では毎日が刺激的で想像以上の体験がたくさん!最も感動したことは、現地の人や子供たちとの交流です。こっちがニコッと笑ったら、向こうもニコッと笑い返してくれたことです。その笑顔を見るたびに、日本では得られない幸福感を味わうことができました。現地での活動ではペンキ塗りといった形として残るものであったり、日本語や書道を教えるという現地の子供たちと触れ合うといった初めてなことばかりでしたが、これも想像以上に楽しく、良い体験になりました。本当に旅は学びの原点です!

鶴田さん(愛知工業大学)
鶴田さん(愛知工業大学)
興味を持ち始めた海外に行けるし、まだなにもやりたいことがない自分に刺激を与えられるかも!と思って参加しました!実際に島に到着するとなんとも過ごし良さそうな島で、みんな挨拶してくれるし笑顔で私たちを迎えてくれるし一瞬で島のみんなさんと打ち解けられた気がします。現地での活動は島の人たちと交流する場がたくさんあり、言葉も伝わらない相手と交流するためには笑顔があれば自然と心が相手を許し言葉は話せなくても身振り手振りで伝わる事が本当にたくさんありましたし、笑顔最強!だと思いました!笑顔、挨拶、顔を会わせること、自分の無知、語学力のなさ・・・タイのボランティアを終えて、考えさせられることが多くあり充実した経験になりました!

荒木さん(中京大学)
荒木さん(中京大学)
島に入ってからは綺麗な海、美味しいご飯、村の人々が親切で温かいこと、朝は動物たちの鳴き声で起こされること、お風呂は水浴びでそれが案外気持ちいいこと、観光目的の旅行では体験できないことばかりで本当に刺激的な濃い毎日でした。現地での活動は、主にペンキ塗りと日本文化と日本語授業でした。ペンキ塗りでは、そこに通っている子供たちの可愛い笑顔を見ていると頑張れて、全て塗り終わったときの達成感と喜びは本当にすごかったです。日本文化と日本語授業は、自分たちが作ったもので楽しく遊んでくれる嬉しさや、私が子供たちに遊んであげるんじゃなくて一緒に遊ぶことができてとても私も楽しかったです。言葉は通じないのに一生懸命自分が教えた子供たちが日本語で軽い挨拶を練習して発表をしてくれたりするととても嬉しかったです!

櫛田さん(愛知淑徳大学)
櫛田さん(愛知淑徳大学)
何かにチャレンジしたいという気持ちがあったのですが、ずっと踏み出す勇気がなくあっという間に毎日が過ぎてしまっていました。何もせずに大学生活2年が経とうとしていたので、このまま大学生活を終わりたくないと思い参加しました。タイでは活動を通して自分の経験不足を痛感しました。何でも挑戦しようとするメンバーから刺激を受け、この機会を無駄にしないようにしたいと感じ、積極的に動くように心がけました。言葉が通じなくても笑いあったりジェスチャーでなんとなく伝わるけれど、もっと話がしたかったです。なので、タイ語を少し勉強しようと思います。そこからまた自分の視野が広がればいいと思っています。ボランティアが終わってからも、色々な機会をいただいて、この出会いからどんどんまた出会いが広がっていくと思うとこれからがとても楽しみです。

長谷川さん(名古屋外国語大学)
長谷川さん(名古屋外国語大学)
1人で申し込んだけれど、楽しみな気持ちが大きく不安はありませんでした。自分と同じく、ボランティアに興味がある学生と一緒に活動が出来ることが楽しみでした!島では、美しい景色に感動しました!今まで見たどんな景色よりも綺麗で、島の人によって保たれた本物の自然の美しさが素晴らしかったです! 活動に関しては、やってあげてるという感覚は無く、活動中は子供たちの喜ぶ顔が楽しみでした。文化や宗教の違いに戸惑うことは多少あったし、言葉の壁は感じました。けれど、それは当たり前で前提のこと!「日本ではこうだけど、ここではどうなのかな?」とか「どう伝えればいいんだろう」など配慮や気遣いを忘れず、気持ちを伝えようとすれば、気持ちは通じあうことが出来るのかなと思えました。ボランティア最高!

納堂さん(名古屋市立大学)
納堂さん(名古屋市立大学)
学校の授業で海外事情を扱っていてそれが面白くて、海外に興味を持ちました。島に入って様々な日本との違いに興奮しました。日本でも初対面の人と話すのはとても苦手でしたが、タイではノリと勢いと笑顔さえあれば何とかなるってことがわかりました!一緒に写真撮ろうとか誘ってくれたり、最後のパーティーでは指差し会話帳や簡単な英語でコミュニケーションとれてそれがすごく嬉しかったです。そもそも、海外を全く知らなかったので、ツアーを終えてからタイやアジアの事をテレビ等で扱っていると見てしまったり、自分の経験と照らし合わせて色々考えたりしました。まだまだ答えは出ないけれど、この経験が活かせる事を大学生のうちにまたしたいと思うようになった。関わった全ての人に感謝したいです!ありがとうございました!

2015年春

福岡さん(愛知淑徳大学)
福岡さん(愛知淑徳大学)
島に到着するとみんなが笑顔で私たちを迎えに来てくれて、感動しました。最初は恥ずかしがって顔を隠していたりしていた子供たちも次第に笑顔を見せてくれるようになり、最終的には一緒にシャボン玉や、だるまさんが転んだなどで一緒に遊んだりすることができるました。また、現地での生活は決して便利とは言えませんでしたが、非常に限られた生活を送っているにも関わらず、毎日笑顔が絶えない島の人々と接していて、必ずしも“豊かさ+便利さ=幸福”といった方程式ではないのだなと感じました。“やってみなければわからない”それが実感できる毎日でした!!

冨田さん(愛知淑徳大学)
冨田さん(愛知淑徳大学)
参加する前から楽しみで仕方がなかったです!不安なんて全くなかった!見知らぬ外国人である自分たちにも微笑みながら挨拶をし、手を振ってくれる島の人たちはとても穏やかで優しかったです。また、ずっとお互いの目を見ていたからか、実際には挨拶と自己紹介程度の簡単な会話しかしていないのにもっと色々なことを話したような気がしています。積極的に手伝ってくれていた生徒たちはあまり休憩もせずに作業を続けていて、その体力には驚かさせられました。ツアーを終えてみると、たった9日間一緒に過ごしただけで人ってこんなに仲良くなれるんだと驚きました!みんなのおかげでとても濃く充実した毎日が送ることが出来ました!ありがとう!

仁川さん(愛知淑徳大学)
仁川さん(愛知淑徳大学)
島人はみんな優しく、言葉が通じなくても優しい笑顔を返してくれました!タイ語が話せない私たちにカタコトの英語やジェスチャーで必死に想いを伝えようとしてくれました。子供たちに日本の文化を伝える活動は本当に良かったです。少しではありますが、『日本』という国を知ってもらえた気がしました。一緒に活動したメンバーとは、年齢の違いも大学の違いも関係ないくらい楽しく過ごすことができました!出発から帰国まで、ずっと笑っていられて島での生活が楽しめたのは最高のメンバーのおかげです。帰国してからタイでの生活の方が楽しく充実していたと感じさせられました!

竹内さん(愛知淑徳大学)
竹内さん(愛知淑徳大学)
タイに行くことで食料や住んでいる場所、水、交通機関、遊び、勉強、何もかもが大切に思えました。イカ釣りを通して食料を得る難しさ、ホームステイを通して自分の家の安心感、トイレやお風呂を通して水の大切さ、タクシー、自転車移動を通して日本の交通機関の発展さ、子供たちと遊ぶことを通して楽しさ、勉強を通して大学まで行かせてもらって好きなことを学べること、すべてが幸せに感じました。家族がいるから大学まで行けてこうして海外にボランティアしに行けたんだと改めて感謝したいです。これからの生活で“感謝”と“笑顔”を忘れず生きていきたいです。

遠山さん(愛知淑徳大学)
遠山さん(愛知淑徳大学)
島の自然、島の人々の温かさに触れてから、とにかく一瞬一瞬が楽しくて、常に心から笑っていたような気がします。炎天下の中の道路建設作業はとても大変だったけれど、子供たちがいつも手伝ってくれて交流しながら楽しくできました。島人はいつもみんな笑顔で、人と人の繋がりが強くみんな家族みたいでそんな様子を見て羨ましいと思う自分がいました。私たちが持っていないモノを島の人たちは持っていました。だから私は日本にいてもこれからもっといろんな人と繋がりを深めたいし常に笑顔でいたいと思いました!

遊免さん(愛知学院大学)
遊免さん(愛知学院大学)
島での生活は時間に追われず、のんびりしていて島の人もとても優しく笑顔が素敵でした。学校へ行くと子供たちが笑顔で駆け寄ってきてくれて、教えたばかりの日本語で話しかけてきてくれてすごく嬉しかったです。道路建設は力仕事で大変でしたが、子供たちが手伝ってくれたおかげで、楽しく活動することができました。完成したときは最高の達成感を味わうことができました。言葉は通じなくても一生懸命自分の気持ちを伝えようとすれば、相手には必ず伝わります。そう感じさせる体験がたくさんありました。この経験を通して感じたこと、得たことをこれからの自分の人生で活かしていきたいです。

2014年春

星野さん (金城学院大学)
星野さん (金城学院大学)
 現地で活動しているNGOスタッフの方々や、一緒に活動した仲間、温かく受け入れてくれた島の方々のおかげで私のボランティア生活は充実したものとなりました。子供たちはとにかく元気で、島の方々はほとんどタイ語が話せない私たちにもいつも笑顔で優しく接してくれて、言葉の壁なんて感じさせないほど打ち解けることができました。さすが微笑みの国タイ!また、ホームステイをしたことで家族の大切さも学ぶことができました。タイに、真珠島に、行って本当に良かったです!このメンバーだったからこの9日間が本当に楽しかったです。このたくさんの素敵な出会いを忘れず、もっともっと広げていきたいです。

辻岡さん(名古屋市立大学)
辻岡さん(名古屋市立大学)
このボランティアは、ほんとに自分にとって素晴らしい経験、宝物になったと思っています。もともと自分でボランティア活動などをするわけでもなく、興味本位での参加だっただけに、出発日が近づくにつれて、ほんとにちゃんとやって行けるのか不安に思っていました。でも、実際島に着いて一切言葉が通じないにも関わらず、村の人たちや子供たちの暖かさや優しさを感じることができ、普通に日本で生活してたら体験できないようなことを山ほど体験させてもらいました。広い世界様々な文化に触れることがこんなにも素晴らしいものだと気づかせてくれたこのツアーに感謝しています。

中山さん (国士舘大学)
中山さん (国士舘大学)
自分にとっては初めての海外で不安と緊張と期待で胸がとてもいっぱいでした。現地に着くと海の透明さに驚かされました。今までの自分の生活が180度変わった気分でした。そして待ちに待ったタイの子供たちとの交流。言葉は通じなくても普通に遊べ、皆が自分の名前を呼んでくれてとても嬉しかったです。また、村の人たちも挨拶したら笑顔で返してくれてほんとに心があったまりました。初海外で自分の世界観が変わりました。とても大きな分岐点だったと思いました。島の方々をはじめ、今回のボランティアメンバーには本当に感謝しています!この経験を生かして次に繋げれるよう日々頑張りたいと思います。

戸田さん (金城学院大学)
戸田さん (金城学院大学)
行くだけではなく、発信してこそ意味がある! 私が特別、楽しみにしていたのがムック島の子供たちとの交流で、今でもあのキラキラとした笑顔が忘れられません。「マリナ!」と子供たちが名前を覚えて、声をかけてくれるのがすごく嬉しくて、一緒に貝を取りに行ったり、折り紙で遊んだり、学校での交流以外のゆったりとした時間も、私にとってはとても貴重な時間でした。目が合えば笑顔で返してくれて、言葉は通じなくてもその温かい雰囲気に心地良さを感じました。海外ボランティアは、ただ行くだけじゃなくて帰ってきてからそれを「伝える」ことが大切です。小さなことかもしれませんが、帰国後も周りにタイのことを発信しています。

戸塚さん (愛知県立大学)
戸塚さん (愛知県立大学)
この9日間は本当にあっという間だったと感じる一方、タイで過ごした日々は非常に長くも感じました。日本での忙しい日常とは異なり、島で流れる時間はとてもゆっくりでした。見るものすべてが新鮮で、毎日が発見・学びの連続でした。島の人々はいつでも笑顔と優しさで溢れていて、子供たちは積極的に遊びに誘ってくれて、言語の違いや先入観から壁を作っていた自分に気が付くことができました。たとえ言葉が通じなくても、心と心は本当に通じ合うのだと実感しました。そして、人の喜びが自分の喜びに変わることを知りました。タイで出会った人々をはじめ、一緒に活動した仲間、JSTのみなさん、家族などすべての人に感謝の気持ちでいっぱいです。 

西川さん (金城学院大学)
西川さん (金城学院大学)
海外ボランティア、タイ、ホームステイ、何もかもが『初』で毎日が新鮮でした! 小学校では子供たちに日本語や習字を教えたり、パズル絵やゲームをして遊んだりしました。みんなで描いたパズル絵が完成したときの達成感や子供たちが初めての習字で私の名前を書いてくれたときの感動は忘れられません。小学校での通路建設作業は力仕事で大変でしたが、子供たちも手伝ってくれて全員で協力して完成させることができました。子供たちに会う前はタイ語が分からない状態で交流できるのか不安はありましたが、子供たちの笑顔を見たら不安なんて全く感じずに交流を深めることができました。本当に充実した9日間でした。