荒川さん(日本福祉大学)

TOPページ > 荒川さん(日本福祉大学)

フィリピンボランティアに参加して自分の中で確実に変わったことがあります。それは、もっともっと自分の知らない世界を見てみたいと思うようになったことです。世界を見てみたいと思うようになったことです。自分の知らない世界現実・景色を自分の目で見てみたいと思うようになりました。知らないことがあることがもったいない。

フィリピンで一番印象に残ったことはやっぱり貧富の差です。同じ国内の中での大きな格差を目の当たりにし、苦しくなる場面もありました。でも、バセコの子ども達はみんな元気で優しくて楽しそうで…決して不幸には見えませんでした。幸せはお金じゃ変えないって本当なんだなと思ったし、人に浅市区すること、ものを大事にすること、今生活している自分の環境に感謝することを忘れないようにしようって考える機会になりました。

フィリピンに行って、自分の新しい目標ができました。ネガティブでチキンで消極的で全く自分に自信が持てない私ですが、そんな自分を辞めたいと思ったし、もう少し自信を持って自分のことを好きになりたいって思います。やってみたいって思ったことには踏み込みたいし、行動に移すようにしようって思うことができました。もっと貧困について学びたい、海外へ行くことに積極的になりたいと思ったこの気持を忘れないように、ちゃんと行動に移します。

人への恐怖心のない、優しくて温かいフィリピンの方たちから多くのことを学びました。今回参加して心の底からよかったと思うし、フィリボラのメンバー、バセコの子どもたち、大学生のバディたち、みんなに出会うことができてよかったです!!

ありがとうございました!!!