宮ノ脇さん(福井大学)

このツアーは自分にとって3度目のフィリピンでした。しかし、今回もマンネリ化することなく、たくさんの事を学ぶことができました。特に、スラム街の家に訪問したことが印象に残っています。自分は実際にスラム街に住んでる人がどのような暮らしをしているか、知りませんでした。彼らがどのように生計を立てているか、どのように食事をとっているか、どのような場所で生活しているのか、自分にとって興味深いことばかりでした。そのような話を聞くたびに、もっと彼らを支援したいと強く思いました。しかし自分にそのような経済力はありません。最初にスラム街に行ったときもそのように感じました。自分にできることは何か?その答えは今でもはっきりと分かりません。しかし経験を重ねるに連れてその答えに少しずつ近づけている気がします。

海外ボランティア,フィリピン,海外旅行,名古屋,JST,ジェイエスティ,栄,学生
フィリピンだけではなく自分はたくさんの出会いに恵まれていると思います。JSTに出会えたことも、小さな出会いでしたが、今はその出会いを自分にとってのターニングポイントと感じています。どんなに小さな出会いでも、それは大きなことに繋がるきっかけになる大きな可能性があります。なので、僕はバセコの皆に出会えたことにもっと感謝をして、恩返しをしたい。フィリピン全体を支援することなんて到底できません。しかし、自分が出会った人達だけだったら、できる。大切なことは彼らのことを忘れずに例え些細な支援でも、それを続けることだと思います。彼らに食糧を支援すれば、それが何百倍もの笑顔や新しい出会いになって自分に返ってくるサイクルが出来上がります。それが今回の旅で見いだすことができた一つの答えです。

海外ボランティア,フィリピン,海外旅行,名古屋,JST,ジェイエスティ,栄,学生

このようなJSTさんとの出会いがあって自分は大きく変わった。そして今の自分にはこの出会いを他人に与えることができる。押し付けではありませんが、もしも誰かがまたこの出会いで何かを見つけてくれたら、またその誰かにも出会いのサイクルが出来上がる。自分にやれることは案外たくさんある!このことに気づけたことが1番大きな成果でした。

海外ボランティア,フィリピン,海外旅行,名古屋,JST,ジェイエスティ,栄,学生

自分は英語のプレゼンをしたことは以前にもありました。今回のプレゼンで1番大きかったことは、聞き手が違う文化を持つ人達だったことです。文化が違うと、小さなプレゼンの内容でも、分かりやすく話せば大きく興味を示してくれる。しかしそれを理解せずにプレゼンをしてしまった僕は、改善を重ねた英語の原稿でも中々興味を引くことができませんでした。そして、相手を喜ばせることの大切さを思い知らされました。異文化交流をする上で大切なことの一つは、文化を押し付けずに尊重し合うこと。このプレゼンをそのようなことを学ぶことができました。