榎本さん(金城学院大学)

私がこのフィリピンボランティアツアーに参加して一番大切だと感じたことは、笑顔で前向きに、積極的に生きるということです。バセコの子どもたちは言葉が通じなくても笑顔で接してくれて、とても幸せな気持ちにさせてくれました。

生活が苦しくても、「明日はきっといいことがある」という考えを持っていることがすごく素敵で、私も見習わなくてはいけないなと感じました。英語が全然話せなくて、不安だらけでしたが、バディがゆっくり話してくれたり、何回も言ってくれたりして、フィリピンの人はとても温かく優しいなと思いました。1つの国で大きな貧富の差があることは衝撃的でした。楽しいこともたくさんあったけれど、実際に自分の目でスラム街を見たりして、自分がどれだけ恵まれた環境にいて、何不自由ない生活をできていることが当たり前ではないということを思い知らされて、考えさせられた8日間でした。

このツアーに参加させてくれた家族や8日間一緒に過ごした仲間や関わってくださったすべての方々に感謝の気持ちでいっぱいです。何事にも感謝を忘れずに、全力で後悔しない日々を過ごします!8日間で日本ではできない経験をして、たくさんの忘れられない宝物を与えてもらいました。ありがとうございました。