高際さん(中京大学)

ボランティアをしてみたい、友達が海外ボランティアをしていたから、子どもたちと遊んでみたいという気持ちで今回のフィリピンボランティアに参加しました。フィリピン人は人柄が明るく元気だと聞いていたので、バセコの子どもたちも元気なのだろうなというイメージが最初のイメージです。

しかしそれ以上の明るさと笑顔、1人1人が相手を思いやる気持ちに溢れている国でした。学校へ行くことができる子もいれば行けない子もいる。今日生きていくのに必死な家族もいる。それなのに、常に前を向いて活きて笑顔が絶えない姿を見て、ボランティアとして与える側なのに与えられるばかりでした。

現地大学生、子どもたち、ロデルとダンの言葉一つ一つが毎回胸に響いて考えさせられました。フィリピンの人は温かく、笑顔が絶えず、自分の国を誇りに思っています。私はこの日本という恵まれた国に生まれ、大学に行かせてもらっていて改めて周りの身近な人への感謝と思いやりを持ってこれからの大学生活を過ごします。そして、何事にも前向きで積極的なフィリピンの人を見習って積極的になって成長した時にまたフィリピンに行って、ロデル、ダン、子どもたち、大学生に会いたいです。