杉原さん (名古屋学院大学)

僕がこのボランティアに参加した理由は、正直言うと明確な理由はなく、前にこのボランティアに参加していた知り合いからお話をいただき、興味本位で参加しました。話を聞いているうちに自分もやってみたい、日本では味わえない生活を自分も体験したいと思いました。参加する前は、どちらかと言うと、やる気と好奇心でいっぱいでした。しかし自分にとってこのタイでのボランティア生活が初めての海外、ホームステイだったのでどこか不安もありました。また、参加メンバーとも仲良くなれるか心配もありました。

JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄
村に入ってみると、お父さん、お母さん、子供たちが暖かく迎え入れてくれました。子供たちは元気いっぱいで、すぐに近寄って遊ぼうとしてくれました。村に入って初日からはしゃぎまくりました。子供達の元気さには圧倒されました。僕らと楽しそうに遊んでいる子供たちの笑顔、子供たちとはしゃぎまくっているみんなの姿、すごく可愛かったです。子供たちとはすぐに仲良くなれて、みんな自分の子供のように可愛がっていました。ボランティアメンバー全員が幼少時代に戻っていました(笑)お父さん、お母さん方もたくさん話しかけてくれました。みなさん、陽気でおもしろい方ばかりで言葉は通じなくとも話をしていてすごく楽しかったです。ホームステイ先のお父さん、お母さんも優しい方でおいしいご飯をたくさん、お腹いっぱい食べさせてくれました。お母さんがよく言っていたヨク、ヨクー!! がもう1度聞きたいです。基本、ご飯は辛かった(笑)朝から普通に辛かった(笑)いつの間にかパクチーが余裕だった。とにかく、ご飯はどれも美味しかった!!何よりも辛かったのがお風呂でした。お風呂といっても当然、風呂桶はありません。お湯も出ません。冷たい水で済まさなければなりませんでした。最初のうちはかなり抵抗がありました。本当に大丈夫なのかとも思いました。しかし、気づけばいつのまにかすっかり慣れてました。人間、どこに行ったって何とか生活できるもんだと思いました。
JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄

今回のメインである道路建設、体力的にはけっこうしんどかったです。外もけっこう暑かったです。しかし、メンバー、誰一人一切弱音を吐きませんでした。みんなめっちゃ一生懸命でした。村の人たちと一緒にすっごい頑張っました。あい間に村の人たちと楽しく喋って、みんなで歌を歌いながらバケツリレーをして、いつのまにか辛さなんか一切感じなくて、むしろ楽しすぎました。メンバーみんなが積極的になり真剣に働いていました。僕らと村人との頑張りもあってセメント1つ50㎏それを何個か忘れたけど、それから石や砂も合わせて全て使い切るという目標もさらっと達成しました。あの道路建設では村人と僕たちが国を超えて1つのチームになりました。あの時は本当に一体感が生まれてました。出発当初、心配していたメンバーとの距離も徐々に縮まっていきました。1人1人、個性的で本当にいい子たちばかりだと気付きました。優しい子、よく喋る子、いっぱい食べる子、。。。みなの良さに気付きました。最後には村の人たちもみんなとの壁もなかったです。何でも話せる仲に自然となってました。
このツアーを終えて得られたものがたくさんありました。1つはなんといっても一生の友達、仲間。第2の故郷、いつでも帰ってこられる場所。私のアナザースカイはタイです笑っ
第2のお父さん、お母さん。タイの友人。村の人からの愛情、友情、元気。超超超最高な仲間たちからの愛新たな目標。毎日毎日、非常に濃い生活でした。すごく充実した毎日でした。いつも当たり前のようにみんなと一緒にいたから、最終日、みんなとさよならするのが辛かったです。みんなと過ごした9日間本当に楽しかった!!幸せでした。このメンバーで本当によかった。心からそう思います。必ずまたタイに戻ってお世話になったアソーさん、さくらさん、マノップ、ペッちゃん、グアンちゃん、村の人たちに会いに行きます!!

JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄

最後に、このツアーを通して新しい自分を見つけられたと思います。自分自身、変われた部分もありました。新しいことがしたい、自分を変えたい、何かしたいけど迷っているそんな方にはぜひこのタイのボランティア、マジでおすすめです!!きっといい答えが見つかります!力がつきます!
ボランティアメンバー、アソーさんさくらさん、マノップ、ペッちゃんグアンちゃん、村のみなさん、本当にありがとうございました。みんな本当に大大大大大好きです!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!