竹前さん(愛知学院大学)

参加した一番の理由はこの夏に何かやってみたい、日本を出たいって言うのが一番強かったからです。一年生の時はほとんどバイトで終わってしまって思い出がなにもなくて後から後悔した記憶があります。あとは村瀬さんが学校にボランティアの紹介に来てくれたときに結構興味を持ったことと友達がボランティア説明会に前々から誘ってくれたからです。参加する前は正直言ってバイトが忙しくて余りボランティアのことは考えてなくて前日くらいに明日から大丈夫かな?とか仲間と仲良くなれるかな?って不安になってました。寝る前に自分に向かって大丈夫大丈夫、何とかなる頑張ろうとか言ってました(笑)でも当日空港で会ったときにもう何となく女子とは話せてたのでちょっと安心してました。

JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄
ミラー財団の宿泊所は森の中の隠れ小屋みたいで楽しくなったけど水が思ったより冷たくてたかしと一緒に叫んでました。あとさくらさんの説明会の途中で食べた初めてのマンゴスチンはとってもおいしくて日本で食べれないのが悲しいです。2日目にアカ族の村に着いたときはテレビに出てきそうな海外の村ってかんじで(本当にテレビにでてるんたけど)私は田舎育ちだからなんだかな懐かしい感じというか馴染みやすかったです。ぽんちゃんと一緒のペアになったのもおもしろくてうちが何かする度に上手くフォローしてくれて何度も助かりました。特に「あと30秒待って」とかいいながら軽く2分ぐらい待たせるのを何度もやりました。申し訳ないです…。ぺっちゃんもごめんなさい。私たちの家は小さなお店をやっていて緑色の可愛い二階建てのお家でした。しかも一回に6畳くらいの個室をかしてもらって水道やトイレ 、シャワーに近かったのでとても助かりました。と言うかトイレが洋式とタイ式二つあったしシャワーも海水浴場のシャワーいつみたいにとてもきれいだったので逆に驚きました。しかも電気も通ってるし!アダと上のお兄ちゃんは土日しか会えなかったけどアマとティダーは凄く親切で仲良くしてくれて嬉しかったです。ご飯も毎回おかずをたくさん作ってくれて私は特にかぼちゃの茎を甘辛くにたスープが美味しかったです。食後にタイのメロンやスーホーをデザートに食べてました。アマもティダーも私以上によく食べるのでこんなに小さいのに凄いと思ってました。私はご飯三杯が限度でした(笑)村の子供たちは凄く人懐っこくてやっぱり最初は警戒していたけどめんかが鬼ごっこを始めてくれたおかげで他の子たちも遊んでくれるようになったのでさすがめんかって思いました。特にティダーが凄い懐いてくれて家にいるときはずっとあとを着いてきてくれて、手を引っ張って遊ぼうと連れて行ってくれたのがなにより嬉しかったです。普段日本で子供と遊ぶことなんてないのでその分幸せでした。だけどシャボン玉や水鉄砲で遊ぶとどうしても数が足りなくなって悲しんじゃう子がいたのがもっと持ってくればよかったって少し後悔しました。

JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄

道路造りは最初積まれてあるセメント袋の量を見て3日で終わるもんなの!とふらっときました。バケツリレーで砂だ石だセメントだとどんどん回ってきて疲れていても休む間もなく次が回ってくるので心の中で「うわー」とか「重いわー」て叫びながら動いてました(笑)作業1日目の途中から腕がパンパンで肩が上がらなくなって正直言ってつらかったけど、だけどやっぱりメンバーが誰も逃げ出さなかったから自分も最後まで頑張れたんだと、最後まで頑張れたと今思えるのが自分の自信の一部になってます。でも作業はつらいことばかりじゃなくて、村のひととお互いにグラフマデと言い合ったり、メンバーと歌を歌ったり必死にくわでセメントを混ぜたりと楽しい時間もあって作業後に皆で炭酸を飲むためにいい汗流しました(笑)スプライトめっちゃおいしかった!完成した道路は見上げるほど長くこれを手作業で作ったんだとおもうとうちらって凄いでしょって思いました(笑)
あとはマッサージが1時間だけなのが悲しくて、もうあと2時間くらいやってほしかったです。それぐらい肩と二の腕が痛かった(笑)

JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄

ツアーを終えての感想はアマ、アダ、ティダーとお兄ちゃんにあんなにも親切に迎え入れてくれて、またいつでも帰ってきなさいと家族の一員にしてくたこと、ボランティアメンバーには9日間みんなと協力していいツアーができたこと、一生の思い出ができたことに「ありがとう」という感謝の気持ちでいっぱいです。本当に今回のメンバーでボランティアに参加できたのは奇跡と言えるくらい幸運だと思います!
またぺっちゃんとクァンちゃん、あそうさんとさくらさんたちが私たちのようなボランティア参加者を支援してくれているからこそ、ボランティアに参加して成長する事ができるだと思うのでさくらさん達にも深く感謝しているし、私がもっと周りにこうして支援してくれる人がいることを発信していかないといけないなとおもいました。
あとはすごく心配してくれた両親と親戚にも最後はなんだかんだ言って参加さてくれて凄く感謝しているし、また実家に帰ったらいっぱい話したいです。今自分はいろんな人に支えられて生きているんだと改めて実感したし、そのありがたさも身にしみて感じることができたので、それだけでも今回のボランティアに参加できて本当によかったと思います。グッチさんにもタメ口を何回も使ってしまいましたが、心広く接してくださりありがとうございました(笑)