和田さん(愛知淑徳大学)

タイボラに参加したきっかけは主に2つ!
1つ目は自分の所属ゼミがコミュニケーションを専門として扱うゼミだったから。異文化で言葉が話せなくてもコミュニケーションが取れるのか気になったため。
2つ目は繰り返しの毎日の中で、目標もなく生活している自分を変えたかったら。
参加する前は、タイに行けば、自分を変えれる、など、自分のことでいっぱいいっぱいだった笑
心配ごとは料理に虫が出なければあとはオールオーケーみたいな軽いノリでタイボラ当日を迎えました。

JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄

アカ族の村に到着しても、カルチャーショックはあまり受けなくて、すぐ順応できたのが今でもとても不思議!夕食でブタの生き血のスープが出てきた時と、鶏の足を箸置きにしていた時は黒魔術を始めるのかと思ったけど、ご飯はとてもおいしかった!村に入って一番感じたことは笑顔に溢れたステキな村だということ。子どもたちはみんな可愛くて可愛くてしょうがなかったです。

JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄

日本の遊びとアカ族の遊び、お互いの文化を共有できて勉強にもなった!
ホームステイ先ではアカ語も全然わからない日本人を快く歓迎してくれた。ジェスチャーでいっぱい話しかけてくれて、深い会話が出来ないのは残念だったけど、言葉がなくてもコミュニケーションをとることができて、嬉しかった!道路建設の作業も大変だったけど、メンバーも村の人たちも一生懸命取り組んで、楽しんでできたから苦ではなかった。作業終わりのビールやコーラはめっちゃ美味しい!

JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄

ツアー後、自分が変われたかと言えば、いまだによくわからないけど、自分の足りない部分や、これからやるべきこと、たくさんのことに気づくことができた。日本の方が可能性やチャンスが多いにも関わらずそれに気づかないことはもったいないことだとも知れてよかった。
また成長してタイに帰れたらいいなあと思っています!