安田さん(椙山女学園大学)

◆タイ山岳民族ボランティアに参加した理由
  夏休みに何か一つ、頑張れること、誇りに思えること、自信を持って語れるようなことをしたかったから。
◆参加する前の気持ち・意気込み
不安よりドキドキワクワク!どんな生活が待ってるんだろう!という気持ち。

JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄
◆村に入ってからの感想、出来事
  見たことのないような、ドラマか何かを見ているような昔の暮らし!って感じで、ワクワクしたけれど、過ごしていけるか心配でした。アカ語も全くわからないし、言葉はほとんど通じない。でも、一生懸命私から伝えようよすれば相手もわかってくれるし、相手も一生懸命伝えようとしてくれたので、言葉がわからなくても大丈夫でした。村に入って思ったことは、村と村の人たちとの繋がりが本当に温かかく、大切にされていることです。道で会う人たちはみんな仲間!という感じで、誰とでも挨拶を交わし、自然に会話が始まり、壁や隔たりがが全くありません。日本のように、挨拶でさえためらってしまうことに残念だなと感じました。
村の子供たちのパワーが尋常じゃありません。なので、体力勝負な所もありました!ただ、子供たちが可愛くて仕方がなかったです。周りに集まってきて手を握ってくるのがたまりませんでした。

JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄

◆活動、ホームステイはどうだったか
  道路建設は、初めてだらけで何から何をどう作るのかも全くわからない状態だったのですが、全然大丈夫でした。とにかく、村の人たちとボランティアのメンバーと力をあわせることと、元気があること、があれば大丈夫!砂利、砂、セメント、水を混ぜてひたすらバケツリレー。全てが力作業で、重たくて、1日目から本当に辛かったのですが、村の人たちが常に一生懸命であり、私達に会話をしてくれたり、元気とパワーを与えてくれたおかげで毎日頑張れました。誰一人として、辞めたい、辛い、と弱音を吐かなかったことはとてもすごいことだと思っています!仲間や村の人たちの助けがなかったら絶対に辞めていたと思います。道路が完成した時は本当に嬉しくて、達成感で満ち溢れていたのですが、村長さんや村の人たちから感謝された時はそれ以上に嬉しかったです。人のために何かする事ってこんなに嬉しいんだ!ということを改めて感じることができました。
ホームステイでの生活は、食事、お風呂、風呂がとにかく心配だったのですが、たまたま 私のホームステイ先は、トイレと風呂(シャワー)が綺麗な方だったので、心配しなくても大丈夫でした。ご飯も特に変なものはでてこなかった(強いて言うならタニシ?)です。味も最高に美味しかったです。ただ、ごはんの量が尋常じゃないぐらい多かったので毎日辛かったです。必ずおかわりをさせるので、頑張って断っていました。言葉はほとんど通じないのですが、”ありがとう””こんにちは””美味しい”の3つが言えれば過ごせます。それ以外で分からないのは、ぺっちゃんに助けてもらったり、ジェスチャー交じりで教えてもらったりしました。過ごしているうちにホームステイ先の生活のリズムが分かるようになっていったので自分から進んで動いていきました。とにかく、家族は優しくて私達を子供のように扱ってくれるので嬉しかったです。ティダーという子供がいたのですが、毎日遊んでいるうちにだんだんなついてくれて、可愛くて仕方がなかったです。虫は普通にいるので、虫も家族!という感じで過ごせば何も怖くないです。笑 慣れないながらも、ホームステイの生活は楽しかったです。

JST,海外ボランティア,海外旅行,名古屋,ジェイエスティ,栄

◆ツアーを終えての感想
このツアーに参加できて良かった!これ以上の言葉はないです。このツアーを紹介してくれた友達に本当に感謝しているし、いい仲間にたくさん出会えて幸せ。
ツアー中、日本と比較することが多かったのですが、村の人たちのおかけで、人の暖かさと繋がりの大切さを感じることができました。日本って便利!最高!ではなくて、村の良さの方が断然際立ってみえました。言葉では言い表せないほど、貴重な経験をしたので、この感動をみんなにも味わってほしいです!一生で一番の思い出!誇りに思える思い出!

◆最後に一言
この感動は、実際に行ってみないと伝わらないです。